燃費改善虎の巻

車の燃費向上・排気ガス削減とパワーアップにラジカルパワー!

様々に語られる燃費向上対策・・・少しでも改善のお役に立てれば幸いです。

~ 必見! ギネス燃費記録4部門保持者の宮野滋氏直伝『スイートスポット』とは? ~

※ドライブテクニックは、あなたの手足でスグに・・・しかも・・・タダで実践可能です。

※こちらも参考にさせて頂きました → (財)省エネルギーセンター

※少しPR → 燃費改善グッズは・・・ラジカルパワー!をお勧めします。

燃費改善虎の巻【今すぐできる無料の燃費改善対策】

燃費改善対策 : ドライブテクニック編

 1)アイドリングがいっぱい?

アイドリングは短めに!

5秒以上の停車はエンジンを切った方がお得。

最近はコンビニなどで買い物をする際に、エンジンをかけたままの車が乗り逃げされるケースも増えているようです。燃費以外の面からもエンジンを切って、ロックをした上で事を進めましょう!

アイドリングは10分間で140㏄の燃料がムダになり、この燃料で約1,440m走れます。大型ディーゼル車では、1時間のアイドリングで最大1,800ccもの燃料が無駄になるそうです。


 2)急発進・加速で爽快?

急発進・急加速は少なく!

無駄な燃料消費の代表格でしょうか。何事も急がつくものには違うところに負担がかかります。また、エンジンを高速回転で使うほど窒素酸化物の排出量が増大します。マニュアル車の場合、アクセルをいっぱい踏み込んで低速ギアで引っ張る運転は避けて、早めにシフトアップしましょう。


 3)ブレーキ多用で安全?

急ブレーキやブレーキの掛け過ぎは控えて!

エンジン速度を落とすと、当然再加速が必要です。また急ブレーキは車自体に負担がかかりますので控えましょう。


 4)空ぶかしで勢いつける?

現代の車に空ぶかしは必要なし!

最適な状態で走行するために暖機運転でエンジンを適度な温度まで上昇させることは必要でも、空ぶかしは必要ありません。また、急発進はエンジンを傷めますのでやめましょう。


 5)高速道路は高速で?

時速80~100kmが最適!

車の流れを保つことは必要でも、スピードの出し過ぎは控えましょう。ちなみに、一般道路なら時速40~60km程度の一定速度で走るのが燃料消費も少なく経済的な走り方です。(車種によっても異なりますが・・・)


 6)エンジンブレーキ使用は?

下り坂ではエンジンブレーキを有効に!

AT車の場合はセカンドで。MT車は適度にシフトダウンしましょう。


 7)燃費走行の極意! ~達人直伝~ 超お勧め

スイートスポットとは?

皆様の車のエンジン音は、ご自身でウルサイと感じられているでしょうか?

また、逆にエンジン音が聞こえなくなるほど静かな走りの時はありませんか?

私たちは、通常「時速60km程度での一定走行が一番燃費が良いスピード」といっていますが、厳密には個々の車で違います。結論から先にいえば、この時速50~60km前後の走行時に一番エンジン音が静かな時が、その車の一番燃費が良いスピードです。この静かな状態で平坦な道路を走行している時には、車が浮いて進んでいるような感覚を得られることがあります。この状態の時を「スイートスポット」といいます。

ご自身の車のスイートスポットを把握する為には、平坦な道路で時速50~60km程度の一定走行が可能な時に、カーオーディオやエアコンを消し耳を澄ませてみましょう。聞こえるのは、エンジン音とロードノイズ(タイヤと路面の接触音)のみ。そこでエンジン音が徐々に小さくなる方へスピードをアップしたりダウンさせたりして、一番エンジン音が小さくなるスピードを探して下さい。場合によっては、エンジン音を聞き取れない程になるかも知れません。

探せれば、もうあなたも「燃費の達人!」・・に一歩近づきました・・スイートスポットの巡航速度で快適クルージングをお楽しみ下さい。解りづらい場合は、「トップギアで、アクセルを一番浅い踏み込みの状態で一定走行している」時の速度を心掛ければ、スイートスポットに近い燃費走行が実現できます。

※巡航速度=船・飛行機などが最も燃料を節約できる速度。経済速力。

スイートスポット走行の割合が増えるように工夫し、あとはいつものように車の不要な荷物を降ろして車重を軽くし、急発進・急加速を避け、長時間のアイドリングを避け、エアコンなど電気の無駄遣いを避けて走行する。

避けてばかりで息が詰まりそうな方にとっては、達人への道も遠い・・・カモ?

ラジカルパワー装着時もスイートスポット走行時が一番効果を得られます。この走行は、排気ガスも少なくなり財布にも優しくなるので、以外と慣れれば快感に変わるかも知れません!

※燃費の達人、ギネス燃費記録4部門保持者の 宮野滋氏 直伝!

燃費改善対策 : 車のチェック・メンテナンス編

 1)タイヤ空気圧は適正?

ガソリンスタンドなどで定期的にチェック!

殆どのスタンドが無料でやってくれるとは思いますが、有料のところもあるようです。適正な空気圧よりも0.5気圧少ない状態で50㎞走ると,それだけでガソリン130㏄の燃料がムダになります。この燃料で約1,340m走れます。月に一度くらいは、タイヤ空気圧を点検しましょう。


 2)荷物いっぱい力持ち?

車は倉庫?いや・・・別荘?

居心地が良くなるように色々と装備するのも燃費には悪影響です。10㎏の不要荷物を積んだまま1カ月に1,000km走るとガソリン400㏄のムダ。この燃料で約4,120m走れます。


 3)エンジンオイル定期交換?

一般的には3~5000km毎の交換でしょうか!

「安いオイルでもマメに交換した方がいい」という意見もあるようです。


 4)エアーフィルター定期交換?

あまり交換していない人も多いのではないでしょうか!

仕様上は4~5万km毎の交換となっているようですが、汚れ具合で早めに交換、もしくは清掃しましょう。意外と燃費に影響します!早めということは、2~3万km程度がお勧めでしょうか。

燃費改善対策 : 車の装備機器編

 エアコンで快適ドライブ?

ご存知、これも燃費に大きく影響しますので過度の使用は避けましょう!

エアコン使用時はエンジンの回転数が高くなるため、結果として燃料の使用量が増加します。まめに適正な温度に調整することが必要です。

燃費改善対策 : 燃料選択編

 惰性で入れるガソリン?

メーカー(スタンド)の違いで燃費も違うらしい?

一般的には、オクタン価の違いでレギュラーとハイオク(プレミアム)に分かれますが、同じレギュラーでもメーカーによってオクタン価が違うようです。知っている人にとっては常識かもしれませんが、意外と知られていないかも。たまには違うスタンドで給油し、違いを味わって見ましょう!車がプレミアム仕様でなければ違いを感知できないでしょうか?

ちなみにハイオクは、ノッキング減少/馬力アップ/燃費向上/レスポンス向上/高速走行・加速がスムーズという効果が期待できます。・・・ん?どこかで聞いたようなフレーズが含まれているような?・・・そうです・・・ラジカルパワー装着はハイオクと同様の効果もあり、しかもプレミアム仕様関係なし、レギュラー・ハイオクそれぞれプラスアルファで燃焼効率を高めます!