『身体の構成要素2(細胞・骨・筋肉…)』

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン! 発行:AreaLink

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン!

2004.01.29号

~ 目次 ~

はじめに

エイズ(HIV)、新型肺炎(SARS)、鳥インフルエンザ、そして牛海綿状脳症(BSE)、コイヘルペス病・・ここ数年を振り返っただけでも感染症と人類の戦いは終わりそうにありません。現状、エイズ以外は人への感染は少ない状況ですが、さらにやっかいなのは感染だけでなく私たちの食生活まで影響が及ぶことです。

牛肉がダメ、鶏肉がダメ、いったい何を食べたらいいのやら・・結構深刻に感じますが、皆様はどのように感じられるでしょうか? 「抗生物質を与えて促成飼育された食肉と西洋的な食文化を控え、生活習慣病を防ぐように」とのシグナルにも思えてしまいます。

シグナルがなくても、生活習慣改善の必要性に直面しているのが現代社会の現実です。健康管理の最大の課題と思われる動脈硬化(血液循環の悪化)は10代から進行します。そして、高齢者が肺炎などで亡くなるケースが多いのは、免疫力低下が主な原因です。


★今、元気でも、
「日頃の生活習慣を見直し、免疫力を高め、病気をはね返す身体作り」を

★今、病気の人は、
「免疫力を低下させる薬を避け、なるべく自然治癒力での回復」を

ご承知の通り、生活習慣見直しのキーワードは、
(1)バランスのとれた食事(栄養摂取)
(2)適度な運動
(3)生活環境も含めたストレス対策…です。


弊社が超ミネラル水のネット販売を始めて約1年になり、お客様も1,000名近くになりました。お客様とお話しする機会も増えて一喜一憂する日々のなか、生活習慣の大切さをあらためて思い知らされます。

「生活習慣の見直し」・・今後も・・頻繁に発信します。


以下本文です。

身体を見つめなおす(第1回・死亡原因/細胞…)

健康管理を進める上では、まずは身体を見つめなおすことが最初ではないでしょうか。長いシリーズになるかもしれませんが、とりあえず試行錯誤しながらスタート!

はじめに死亡原因について触れたいと思います。

日本人の死亡原因

(H12年、厚生省)


となっています。老衰などの自然死が少ないことにあらためて驚きます。上位3つで約60%になりますが、免疫力の低下やコレステロール・中性脂肪などが原因となる高脂血症の延長線上にあります。いずれも生活習慣が主な原因となるものです。

ちなみに戦後の1950年は、1位:結核、2位:脳血管疾患、3位:肺炎及び気管支炎となっています。時代背景から感染症が1位ですが、最近また結核は増加傾向のようです。

身体の構成要素

総合病院などで「どの科に行けばいいの?」と迷われたことはありませんでしょうか? 全く迷わないあなたは・・かなり病院通!・・又は医療関係者?であれば、この項は読み飛ばされてもよろしいかと思います。一般の方には、身体の構成要素が分かれば、健康管理のヒントになるかも知れません。

 1)細胞

既に触れているように、私たちの身体は約60兆個の細胞でできています。分析していくと元素(ミネラル)に行き着きますが、細胞内の構成要素については過去にも触れていますので、こちら(↓)ご参照下さい。

Vol.18(2003.09.25) https://www.arealink.org/water/dm_kako1/dm030925.html

1個の受精卵から始まり、細胞分裂を繰り返しながら60兆個まで成長!「よくぞ間違えずにここまで大きくなった」と言ってやりたいところです。染色体に従い規則正しく分裂、しかも分裂の限度があって人間が形作られています。すばらしい!限度がなかったらどうなるのでしょう・・無限大の?いや無数の手足や頭・・失礼しました。

コラム:濃度勾配※コラム:濃度勾配

一つ一つの細胞は、細胞内側と外側とのもののやりとりを細胞膜を通じて行います。例えば、ナトリウムイオンは細胞外の濃度が高く、カリウムイオンは細胞内のほうが高くなっています。細胞は、イオンが高い方から低い方に流れる濃度勾配を利用して必要な栄養物などを摂り入れ、二酸化炭素などの老廃物を排出しています。細胞(身体)自体が、ミネラルの微妙なバランスで成り立っていることがここでも分かります。

そして、生物の最小構成単位である細胞が集まって「組織」を作り、その組織が集まって骨や筋肉、循環器、呼吸器、消化器、泌尿器、脳・神経系、感覚器などの「器官」を形作っています。

 2)骨・筋肉

最近は、カルシウムなどのミネラルが不足して起こる「骨粗しょう症」がよく話題になります。

私たちの身体を支える大切な骨ですが、そこでは支えるだけではなくカルシウム濃度の調節も行われています。カルシウムの血中濃度が低下すると、骨を溶かして濃度を保とうとするのです。骨に蓄えられたカルシウムが消費されると、それを補なう必要があります。

カルシウムを十分摂っているつもりでも、他のミネラルとの摂取バランスが悪かったり、女性ホルモンの変化やステロイド剤の使用、大量の飲酒、喫煙なども吸収率悪化を招くといわれています。バランスの取れたミネラル摂取はもちろんですが、生活習慣にも配慮が必要です。

~長くなりそうなので・・つづく~

ページTopへ

一般のニュース記事から

少し古いニュースも含まれますが、参考にピックアップしてみました。

 ゲノム情報研究と医療のパイプ役、東大大学院に新専攻(1/25)

東京大学大学院に来年度、ゲノム情報などの基礎研究を先端医療と結びつける人材を育てる「メディカルゲノム専攻」が誕生する。がん遺伝子の機能解明の成果を、いち早く新薬開発につなげるといった産学連携は日本の弱点といわれているが、この専攻の履修者には、連携のパイプ役になったり、バイオベンチャーの創業者を目指すことなどが期待される。修士29人、博士13人の定員。

米国などでは最近、生命科学の基礎研究と医療との連携が活発で、一人ひとりの遺伝情報の差から治療法を選択するオーダーメード医療や、遺伝子治療などが実現され始めている。専攻長に就任する西郷和彦教授は「産学連携を積極的に進め、日本のバイオ産業の活性化に貢献したい」と意気込んでいる。(読売新聞)

⇒遺伝子治療の早期確立も望まれます。

 塩分で胃がんの危険倍増 厚労省研究班が調査で確認(1/17)

塩分の多い食事を取る男性は塩分控えめの食生活を送る男性の約2倍も胃がんになりやすい。厚生労働省研究班(班長・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が研究結果。

生活習慣とがんの関連を調べるため、40-59歳の男女約4万人を11年間追跡。塩分摂取量が多いと胃がんになりやすいという関係はこれまでも指摘されていたが、大規模調査でこれを確認。塩分摂取量に応じ5グループに分けて分析。男性では摂取量最多グループは最少グループの約3倍の1日平均9.9gを摂取。両グループを比べると摂取量最多グループは2.2倍も胃がんになりやすかった。

塩分摂取量は対象者が申告した食事の内容を基に算出。実際の摂取量はもっと多いとみられる。(共同通信)

⇒日常生活での摂取量計算はかなり難しいと思われますので、やはり外食・加工食品を減らしたり、メニューそのものを見直すことが対応策でしょうか。

 親が肥満なら子も肥満? 調査対象児家族の半数に生活習慣病(2003.11/5)

検診で肥満と診断された児童を対象にした調査で、父母や兄弟も高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を患っていると回答した家庭が半数以上に上ることが、那覇市医師会の調べで分かった。専門家は「ファストフードを好んで食べるなど、欧米型食生活が大きく影響している」と指摘している。

同調査は家庭の食生活が、子どもたちの肥満の要因になっている実態を浮き彫りにした。一方、増加する肥満に歯止めをかけようと、学校ぐるみで取り組む小学校の試みもスタートしている。

同医師会の生活習慣病検診センターは2002年、那覇市内の小学校4年生で肥満度30%以上とされた272人のうち、160人の生活習慣病を診断。糖尿病予備軍にもなる高インスリン血症が約3割、脂肪肝12.5%、高血圧も7%。家族の生活習慣病の病歴を尋ねた問いには、半数の家族で生活習慣病の病歴があると回答。

⇒私たちの身体を構成する60兆個の細胞は、自身の管理下にあります。そして、子供の細胞は親の管理下にあります。

ページTopへ

その他

 あとがき

先日、福岡のローカルニュースでBSE問題について街頭インタビューが放映されていました。

ハンバーガーをパクパク食べる小さい子供の横で、お母さんが「気にしていたら何も食べれませんから構わず食べます」と応えていました。

その応え自体には同調もするのですが、どうも頻繁に子供の食事として位置付けているような様子でしたので、その子供がいつもファーストフードとジュースなどを食べて成長するのかと思うと・・ゾッとしてしまいました。


花粉症などのアレルギー満開の季節も近づいてきました。体質改善・代謝向上は早めに対策しましょう!

身体は・・急に・・変われない・・。


免疫力・自然治癒力向上を目指して、次号もよろしくお願いします!


超ミネラル水通信・発行者

発行:エリアリンク社 代表 大久保隆

~ 記事中の一つでも、健康管理のお役に立てれば幸いです ~


ページTopへ

超ミネラル水通信【HOME・登録・解除】

超ミネラル水通信『超ミネラル水通信』

まぐまぐ配信『超ミネラル水通信』⇒自然治癒力・免疫力向上対策!

melma!配信『超ミネラル水通信』⇒自然治癒力・免疫力向上対策!