『超ミネラル水通信』 創刊号~第3号抜粋版

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン! 発行:AreaLink

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン!

2003年1月発行分 Vol.1~3、抜粋版

~ 目次 ~

はじめに

そういえば・・・私たちの身体は、何でできているんでしょう?


「カルシウム不足」とか「鉄分が不足」などとはよく言ってますね。
でも、「マンガン不足」とかはあまり言いませんよね。


ビタミンには結構気を使うけど、ミネラルってそもそも何?


当メルマガのテーマは、こんな感じです。難しい・・どうしよう!

創刊号ごあいさつ

1)ある出会い

昨年の暮れに、福岡市内の飲食店で某病院の院長先生と偶然隣り合わせになりました。話題の中心は「食べ物や水が及ぼす身体への影響」みたいな感じでしたが、特に意見が一致した内容は、おおよそ次の通りです。

「近代文明が西洋から始まり、アメリカそして日本など先進諸国へ広まると同時に、生活習慣病あるいは現代病も広まっている。

要因の一つに、促成栽培・連作・化学肥料の多用・公害などによる土壌の疲れや汚染で、穀物や野菜の栄養分が少なくなり、当然その穀物などを餌とする家畜も栄養が不足していること。最近は、魚まで大量に養殖される時代になり、早く大きくなるような餌を与えられて市場に出回っている。とうとうマグロの養殖にまで成功してしまった!

その結果、人間が必要とする栄養素が不足したりバランスが崩れた。

有機野菜は栽培が難しく価格が高いので、私たち庶民の食卓に毎日出すのも難しい。急速に進む世界人口の増加は、ますます促成栽培に拍車をかけている。なにか良い解決方法は何かあるのでしょうか?」

2)ごあいさつ

はじめまして、エリアリンク社の大久保隆と申します。ちなみに、農家生まれの農家育ち、東京8年・札幌3年・福岡3年のサラリーマン経験もあります。計算するのは面倒ですが、合計すると結構年はいっているようで、成人病などを気にする年頃のようです。

個人的なことはさておき、弊社はインターネット通販などを行っている福岡の零細事業者ですが、この度縁あって「超ミネラル水」をご提供(昨年11月より)することになりました。

今後、メルマガを通じて「良い情報」を発信できるかどうか未知数ですが、「超ミネラル水」ともども末永くお付き合いいただければ幸いです。

ページTopへ

「超ミネラル水」とは

まずは、超ミネラル水の概要からご案内させていただきます。

1)発売の経緯

ご家庭にお届けする「超ミネラル水」は、昨年6月に福岡をはじめとする九州地区で先行発売されたばかりです。でも、着実にその魅力を感じられる方が増え、関係者もその反響に驚いています。全国へのご案内はこれからです。

全国の皆様へのご提供は、インターネットでの通信販売が昨年11月中旬に弊社が通販元となってスタートしました。

弊社を含め、製品をご提供させていただく体制は小さく微力ですが、製品自体の魅力を背景に、安心してご利用いただける環境を少しずつでも充実させたいと思っています。

2)ミネラル豊富な超ミネラル水とは?

 概要

超ミネラル水は、天然鉱石から多種類の金属元素を液状に抽出したミネラル水溶液です。無機質のみを含み有機物は含みません。また、水銀・カドミウムなどの人体に有害な重金属は未検出です。

⇒要は、「天然鉱石から抽出した多くの金属成分(ミネラル)が含まれる水」ということなのですが・・・。

超ミネラル水には、豊富な微量ミネラルがバランスよく含まれ、体内に吸収しやすいように完全イオン化(溶解)されています。

 超ミネラル水に含まれる主要ミネラル

カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・鉄・亜鉛・アルミニウム・マンガン・銅・ニッケル・コバルト・モリブデン・セレニウム・シリコン・ゲルマニム・リチウム・バナジウム・タングステン・バリウム・チタン・ルビジウム・リン

 パッケージ

2リットル入りペットボトル仕様です。

※1本で、約1~2ヶ月程度の消費量です。

心身ともに健康を目指して、次号もよろしくお願いします!


超ミネラル水通信・発行者

発行:エリアリンク社 代表 大久保隆

~ 記事中の一つでも、健康管理のお役に立てれば幸いです ~



ページトップへ