人に教えてもいい『夏場の体調管理(3) どか~んと100件』

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン! 発行:AreaLink

超ミネラル水や健康関連情報をお届けする無料メールマガジン!

2010.09.05号

~ 目次 ~

はじめに

年間を通し「全国的な猛暑の中」と、
前号でお話させていただいたのですが、1ヶ月以上経った今日現在でも状況が変わらない酷暑(こくしょ)

手前みそではありますが、
トライウォーターの重要性もさらに強くなりそうです。

汗を大量にかくので、
水分はとってるけど、
ミネラル分は?

といった感じかと思います。

だるさや夏バテが続くと、
免疫力も低下傾向になり・・・、
秋以降の体調にひびくので・・・十分ご配慮下さい。

秋風を待ちわびながら、
さっそく、暑さ対策の本文です。

人に教えてもいい『夏場の体調管理(3) どか~んと100件』

アンケートは2年前に実施た内容ですが、
ここまで猛暑・酷暑が続くと、
未掲載分も参考にさせていただかない手はありません。

暑さの勢いで・・・どか~んと・・・ご案内します。

(それでも一部のみですが)

【内容について】

まずは、当テーマについてお寄せいただき厚く御礼申し上げます。

※リアルさを保つ為、文面加工はなるべく行わないでご紹介しています。

※個人情報は既に消去していますので、ご感想のみのご案内です。

『夏場の体調管理(3) どか~んと100件』

 運動・発汗編

001  プールで水泳の実行です。
002  汗をかく。エアコンを使わない。
003  やっぱり運動して汗をかくのが一番。
004  よく動く。あまり水分ばかり取らない。よく眠る。
005  半身浴や岩盤浴を行うと、汗をかきすっきりします。
006  少しでも歩くように心がけて、水分を多くとっています。
007  水分補給がおおくなりがちな季節なので、走ったり風呂を長めに入って汗をかくようにしています。
008  運動!そして水分補給。
009  極力ウオーキングをして体調管理をします。
010  たまにでいいのでおもいっきり運動したり、あえて冷房なしで寝たりしてたくさん汗をかく!
011  早朝ジョギングをし昼寝で睡眠不足解消
012  朝の涼しい時間帯にジョギョングすることです。

 生活パターン・睡眠・休息編

013  水分と睡眠
014  睡眠時間を出来るだけとること。
015  充分な睡眠これしかない。
016  暑いときむりしない。
017  水風呂に入って過ごす。
018  温泉に行きリフレッシュする。
019  睡眠をしっかりとる。あまりクーラーをかけない。
020  早寝・早起き・適度な運動。
021  規則正しく生活するのが一番です。
022  短時間の昼寝。きついなって思ったら、即睡眠が一番。
023  早寝早起き。腹八分目。こまめに水分補給。
024  快食、快眠、快便。
025  出来る範囲で昼寝。

 環境編

026  クーラーの設定温度を低くしすぎない。
027  エアコンも控えめに、十分な睡眠。
028  エアコンを極力つけずに汗をかく!
029  エアコンに、あまり頼らないようにしています。
030  特にこれと言って何もないのですが、敢えて言えば、寝るときにお腹は冷やさない様にしてますね。どんなに暑くてもお腹にだけは布団をかけてます。寝ぞうが悪い子供たちは、夏こそ腹巻きですね。主人も腹巻き愛用してます。それと、デパートや、レストランに行くとかなり冷房が効いているので、カーディガンを持参で行きます。意外とこれで風邪ひいてしまったりするんですよね。たいした事してないですが、ちょっとした油断が風邪の元なので気を付ける様にはしてます。
031  特に無いが、冷え性でもあるのでクーラーの温度を少し高めに設定している。
032  なるべく寒暖の差が激しいところにはいかない。家でもエアコンはあんまりつけません。汗をかくことは必要です。
033  クーラーをあまり使わず水風呂にはいる。
034  保冷剤を沢山取っておき、なるべくクーラーは使わず首元や顔等を冷やす。
035  自宅では、できるだけエアコンを使用しない。どうしても使う時は、温度を下げすぎないようにするか、扇風機ですませる。
036  冷房で頭が痛くなったりするので、なるべく冷房をつけないように心がけています。
037  就寝時にクーラーを入れず、アイスノンで頭や首を冷やすと気持ち良く眠れます。
038  あつくなったら水を浴びるを繰り返す方がクーラーをつけるより安いし健康によい!
039  冷房にはいりたいけど温度差にやられてだるくなりくしゃみがとまらなくなるので、汗をだらだらかきながらすごす!!冷房だらけの夏よりも体調はよくなりました。
040  寝るときに、お腹を冷やさないように、薄地の腹巻をすると良いと思います。
041  一番暑い時は扇風機をかけて横になっていて、午前中・夕方・夜活動する。日中は窓全開。
042  極力エアコンや扇風機には当たらず自然な風にあたりながら適度に汗をかき水分を取る。
043  エアコンは夏場でも28度に設定しています。正直あまり涼しいとは感じませんが、小さい子どももいるし、エアコンを強くするとどうしてもだるくなって体調が悪くなるので、エアコンが効いているかなと思う程度につけてます。
044  エアコンの設定温度を高めにして扇風機で空気循環を促す。
045  冷房に慣れないで自然が一番。汗をいっぱいかく事かな。

 飲食編

046  夏場はとても汗のかきやすい時期ですけど、冷たいものを飲むより熱い飲み物のほうが臭いの目立たない汗が出ますので、冷たいものをとりすぎないのが良いと思います。
047  冷たい飲み物を取り過ぎず、体を冷やさないように注意している。
048  こまめに「給水」する。休憩時間の確保。
049  食事のバランスに気をつける。
050  熱中症には梅醤番茶ですぐなおる。水分取りすぎは胃や腸が下垂して体調はよけいだめになる。スポーツ飲料は最悪!!ほんとの事ですよ。知る人ぞ知る情報です。
051  産後でホルモンバランスが崩れてよく汗をかき、授乳もしているので一日2リットル以上水分とっています。
052  毎日、1リットル水を飲むこと、納豆を食べること。
053  香草を多く食べると、疲れ、だるさが解消。
054  水分を多めに摂り、食事と睡眠を十分に。
055  夏場は冷たいものたべたいんですけど、なるべくあったかいもの、うどんも冷やしうどんではなくあついうどん、お茶も熱いお茶飲んだりしてます。
056  どんどん飲んで毒出し。
057  暑い日が続いているので、ついつい冷たい物が欲しくなりますが、あまり冷たくせず飲むようにしています。
058  熱くても冷たい物は食べない・飲まないようにしています。熱いからこそ暖かい物を食べて汗をかき、熱を外に出すようにしています。だから夏バテ知らずです。
059  夏野菜をたくさん食べる。
060  無理はしない。水分をまめにとり、栄養のある物をとる。
061  冷たいものばかりたべないようにする。夏でも鍋料理がおいしいし夏の体調管理には気を使っています。
062  こまめな水分補給ぐらいですかね~。後はしっかり食べる事!
063  どんなに暑くても食事はきちんと摂る。栄養のバランスを考えて食べる。
064  暑い時には熱い物を食べる。そして、チャンスがあったら寝る。
065  熱いもの、辛いものを食べて体を温めること。
066  暑いときでも、冷たいものはほとんど飲みません。あたたかいお茶類を飲むので、あまり夏ばてしません。
067  冷たいもの食べ過ぎない!
068  適度な水分補給とゴーヤと豆乳とハチミツのミックスジュースで毎年乗り切ってます!
069  生水を飲まない。
070  暑い日は風通しのよい木陰などで少し熱いお茶を飲んで、黒砂糖を食べながら、じんわり汗をかくといい感じ。
071  とにかく汗かきで、所謂(いわゆる)「夏日」を超える日は、例年体温も37度以上になってしまいます。気休めなのかも知れませんが、ミネラルウォーターをこまめにとるようにしています。
072  あえて熱いうどんを食べて汗を出します!風邪の引き始めなどてきめんです。冷たいものばかり食べず、熱いものを食べて汗を出しましょう。
073  毎日暑くても、なるべく冷たいものを食べ過ぎないようにしています。生野菜よりも、温野菜を中心に食事を取るように心がけています。
074  夏バテにならないように毎日暑いからと言ってそうめんばっかりたべたりしないように・・・つまり偏った食事はしないように心掛けています。
075  カロリーやダイエットを気にせずに食べたいだけ食べる。夏はダイエットしたら痩せるが、すぐ体調を崩すので。
076  暑い中、普通の人は飲みやすさからか、冷たい飲み物をよく飲んでいるのを見かけるが。これは、そのときはいいかもしれないが、習慣になりやすい、さらに夏が終わるころになると体がなんとなくだるく、倦怠感のような感じがする、そして秋口に風邪を引きやすくなってしまう。私は、夏とはいっても、なるべく冷たい水は避けるようにしている、それによってある程度の体質の改善ができると信じている。

 複合編

077  夏場に限らず、水分補給量には気をつかっております。脱水症状と聞いて、簡単に思いがけているが夏場では特に、水分の補給には十分気をつかいます。そして無理のない適度な運動、高カロリー料理の控え目、3度の食事を摂取する心掛けをする。
078  あまり体を冷やさない・冷たいものばかりを食べない事でしょうか。外の気温との差がありすぎると体調不良になりやすいので・・・。後は食事はきちんととる事!これはとても大事だと思います^^
079  たくさんめに常温からちょっと冷たいお水をしっかり飲むことととできるだけ毎日朝野菜ジュースをとるようにしています!あとはしっかりと睡眠ですね~!
080  とにかく水分補給!が基本と考えています。ただこのHPだからいうのではなく、正直に告白すると子供のころからとにかく水道水が大の苦手!喉がイガイガ、ムズムズ・・・いつまでも後味が悪いような、それが嫌で、ほとんど飲料水として使用していません。出かけるときには、少し凍らせてペットボトルの回りに保冷用のホルダーを装着して!持ち歩きます。また日中外出時でも、家の中にいても、首回り、腋の下など保冷剤!冷たく冷やした保冷剤を当てることで体温調節します。エアコンは食事の際と眠る少し前に部屋を冷やす!その様な使い方です。食べることと眠ることの2つは快適さを確保することでそれが健康維持につながると考えるからです。正直どれもほとんど皆さんが考えついて実践されていること、そう思います。
081  汗をかくことです。暑いので汗をかくことが嫌になりますが、汗をかいて、その分を機能性飲料などで水分補給すると血液の循環がよくなって、とても体の調子がよくなります。
082  暑すぎるところには出ず、室内で運動します。熱中症予防です。梅のサワードリンクを飲んで、焼肉でスタミナをつけます。夏バテしないように気をつけています。
083  祖父が5月に熱中症で倒れました。5月といえども日中の日差し・気温は高いうえに、祖父の身支度がいけませんでした。通気性のよいキャップ帽ではなくニット帽をかぶり、上着としてウインドブレーカーのような熱のこもる服を着ていたのです。今は回復して退院しましたが、日焼け・虫除け対策であっても通気性がよく、熱がこもらない支度で外に出かけるように心がけた方がいいと思いました。水分補給も汗によるミネラル不足に繋がるので、こまめに行うとよいかと思います。
084  食欲がなくても栄養のあるもの、三度の食事は必ずとり、クーラーにあたらない。
085  逆に熱いのを食べて汗を出す。ネッキーを首に巻いて首の汗を吸収。ケータイエアコンを使用して涼しくする。水分たっぷり取る。用の無い時に、夜は部屋の明かりを小さいライトだけにし、体を休める。光こうと光る蛍光灯はかえって暑さを増すし、余計疲れるなと去年の夏前半に思い、ほとんど用を済ませた後は明かりは消してましたね。ま、役に立つかは判りませんが、こんなモンかな。しかし、暑い夏は嫌ですね。
086  なるべく冷房をかけずに、枕元にアイスノンをして寝る。冷たい飲み物ではなくてあえて、熱い飲み物を飲むと体調が良いです。
087  あえて冷房を使わずに、暑くなったら水風呂に入る。公園をゆっくり歩く。
088  冷房をかけずに寝る水分たっぷり補給起床時にうがいコップ1杯の水。
089  教える程ではないのですが、クーラーを控える、スタミナ料理を食べる、旬の物を食べる、早寝早起き、この程度です。
090  暑くてもとにかく、歩くようにしています。日が落ちた夕方に軽く散歩をする。体を動かすと、やはり代謝がよくなるから。あとは、梅ジュース!!自家製の梅ジュースを飲むことで、リラックス&リフレッシュしています。
091  3食しっかりとって、適度な運動をする。水分もしっかり取ります。
092  冷房に頼らないこと、だるい感じはあるが食欲は落ちないです。やっぱり食事をしっかり取っていると夏ばてはしません。
093  とにかく気をつけている事は、早ね早起き毎食時(栄養あるもの)を心がけています。後は子供と公園行ったりして体を動かすことです。もうひとつ言えば前向きにプラス思考に考える」努力しています。
094  夏場は、レストランやデパート、食品売り場等へ行くと、冷房がかかり過ぎ寒いことがあります。暑い所から急に涼し過ぎる所へ行くと、急激な温度変化で体がだるくなってしまいます。すると、食欲がなくなり、頭痛や風邪をひいてしまうことがあるので、私は必ず薄いストールをもって歩くようにしています。その他、食事にニンニクや生姜を使うようにし、パスタなどで、子供達も食べやすいように工夫しています。
095  睡眠を十分に取って朝食は確実にとる。(睡眠は最低7時間以上)。毎朝自宅周辺をウオ-キングして確実に運動の継続を図る。
096  特に人に教えられるようなことはしてませんが、夏は栄養をたっぷりとり、温かい飲み物をなるべく摂取するようにし、湯船につかっています。エアコンは夜お風呂の後のみにしてます。
097  成人男性の全身の血管をつなぎあわせると地球2週半にもなると言う。特に大切な臓器には血管が密集しており、血管の状態が全身の健康管理にいかに影響を与えるかがわかる。血圧が高ければそれだけ動脈硬化が進み血管の老化が進んでいる事を意味する。また高血圧により血管壁が傷つき厚くなってさらに高血圧になるという悪循環に陥る。血圧計は比較的安く容易に手に入る。血圧に対する意識をもっともっと高め、意識することが体調管理のポイントになる。
098  直射日光にあたらない様にしてしっかり食べる。
099  できるだけ水で水分摂取。一日に30分以内の昼寝。
100  エアコンは使わず扇風機!風呂は半身浴で汗だくに(このとき十分な水分補給を忘れずに)。冷たい物はあまり摂らない。あとは適度な運動と十分な睡眠かなあ。

暑さで失われるミネラル補給には、トライウォーターが応援します!

 超ミネラル水のご注文

ページTopへ

一般のニュース記事から

-今号はお休みです-

ページTopへ

その他

 あとがき

それにしても、
暑さで水の利用も大幅に増えてますが、
水道水の塩素臭には参ります。

ここ数年、
さすがに生水のままでは飲まなくなりましたが、皆様の地域ではいかがでしょうか?

ところで、
トライウォーターを水分補給としても利用される場合は、50倍程度に薄めてのご利用がおすすめです。

例)1Lの市販ミネラルウォーターに20~30cc程度加える。

酷暑時のミネラル補給・・・、
超ミネラル水・トライウォーターも応援します!

心身ともに「健康」を目指して、次号もよろしくお願いします!


超ミネラル水通信・発行者

発行:エリアリンク社 代表 大久保隆

~ 記事中の一つでも、健康管理のお役に立てれば幸いです ~


ページTopへ

超ミネラル水通信【HOME・登録・解除】

超ミネラル水通信『超ミネラル水通信』

まぐまぐ配信『超ミネラル水通信』⇒自然治癒力・免疫力向上対策!

melma!配信『超ミネラル水通信』⇒自然治癒力・免疫力向上対策!